【受付終了】図書館音訳者養成講座を開講します

掲載日
2021年4月1日

令和3年6月より、大田区立図書館では図書館音訳者養成講座を開講します。

音訳とは、視覚障がい等で読書に困難がある方に対し、情報を正確に伝える目的で行う活動です。
主なものに、声読を提供する「対面朗読」、声をデジタル資料にする「デジタル録音」「デジタル校正」があります。
いずれも視覚障がい等のある方が情報・知識を得る大切な手段であり、図書館のサービスに欠かせないものです。
音訳者には時間・根気・技術が求められるので簡単には務まりませんが、自分が必要とされている充実感、やりがいを得ることができます。
音訳活動に関心があり、熱意をもって取り組める方はぜひ講座にご参加ください。

講座の詳細はこちらの募集案内(PDF:75KB)をご覧ください。