馬込図書館コレクション 馬込文士村資料

明治末期から戦前にかけて、馬込村に集まった数多くの文士に関する資料を中心に現在も継続的に収集している。

馬込文士村資料室は、城昌幸記念文庫の開設に合わせ馬込文士村コーナーを設け、資料の収集を始めたのが契機となっている。

文士一覧

[ま行]
バラの花を最も得意とした画家
真野紀太郎 (まのきたろう)
真野紀太郎 所蔵コレクション一覧
自然主義私小説家といわれる
牧野信一(まきのしんいち)
牧野信一 所蔵コレクション一覧
馬込で所帯を持った
真船豊 (まふねゆたか)
真船豊 所蔵コレクション一覧
麻雀、花ひきグループの
間宮茂輔(まみやもすけ)
間宮茂輔 所蔵コレクション一覧
朔太郎の誘いで馬込へ来た
三好達治(みよしたつじ)
三好達治 所蔵コレクション一覧
新井宿で『赤毛のアン』を翻訳した
村岡花子(むらおかはなこ)
村岡花子 所蔵コレクション一覧
谷中の家でブルドックを飼った
室生犀星(むろうさいせい)
室生犀星 所蔵コレクション一覧
弁天池の裏手に住んでいた
室伏高信(むろぶせこうしん)
室伏高信 所蔵コレクション一覧